【新着情報】
4/29(土),30(日),また5/3(水)以降お休みさせていただきます。5/1(月),5/2(火)は通常営業致します。
全てのご注文の受付は終了致しました
2017年4月7日:全商品大幅値下げいたしました

五月人形の商品一覧はこちら »

 


【配送についてのお知らせ】人形を梱包しているダンボール箱の、縦、横、高さの合計が、160cmを超えている場合や、重量が25kgを超えた場合は、宅急便ではお送りできません。その場合、ヤマト便扱いとなり、日付指定は出来ますが、時間帯指定が出来なくなります。どうかご了承くださいませ。

 

オフィシャルブログ

こんにちは。
人形のカメダです。

オフィシャルブログはこちら≫

人形のカメダ社屋

アクセスマップ


Google+

 

携帯ページ

HOME»  木目込み人形ができるまで

木目込み人形ができるまで

【真多呂作】木目込み人形ができるまで

技を継ぎ、磨きあげられた姿を現代に伝える、真多呂の木目込み人形。

数々の行程を重ね、職人の丹精こもる技から生まれる雅びやかな逸品は、伝統工芸品として指定され、高い評価を得ています。
衣装、桐塑等の素材や、塗り加工の回数まですべて伝統技法に忠実です。
また、人形のボディには天然の桐素材を使用し、ウレタン等の科学素材は、一切使用していません。

桜
原型作り かま詰め ぬき

1.原型作り
人形の原型は粘土で作ります。原型を木わくの中に入れ、樹脂などを流しこんで人形の型を取ります。この型を「かま」といい、「かま」は、原型の前半と後半分の二つを作ります。

 

2.かま詰め
桐粉にしょうふのりを混ぜて作った桐塑をかまの中に詰めてボディを作ります。前後のかまに桐塑を詰め終えたら、前後を合わせて一体にします。

 

3.ぬき
押さえつけたかまを上から軽くたたくと、上半分のかまがはずれます。下のかまを横にしてボディを取り出します。

木地ごしらえ 胡粉塗り 筋彫り

4.木地ごしらえ
よく乾燥した後、ボディに生じる凸凹やひび割れは、竹べらを使って桐塑で補整したり、やすりできれいに補修したりして、完全なボディに仕上げます。

 

5.胡粉塗り
胡粉(貝殻を焼いて作った白色の顔料)をにかわで溶かしてボディに塗ります。ボディの生地を引きしめくずれやすさを防ぐとともに、筋を彫りやすくするための作業です。

 

6.筋彫り
胡粉が乾いたら、布を木目込んでいくための溝作り(筋彫り)をします。仕上がりのよしあしに影響する作業のため、彫刻刀を使いていねいに彫ります。

木目込み 面相書き 仕上げ

7.木目込み
溝に糊を入れ、型紙に合わせて切った布地を目打ちや木目込みべらを使って、しっかりと木目を込みます。

 

8.面相書き
面相とは、人形の顔形のことで、この顔形を書くことを面相書きといい、人形のよしあしを決める大事な作業です。

 

9.仕上げ
ボディに頭や手を取り付け、髪の毛をブラシで整え、全体をよくながめて不できな部分はないかを調べて仕上げます。